ふくらはぎの痩せ方のコツは「歩き方」にあるの!?

ふくらはぎを細くする痩せ方にもいろいろとありますが、ここでは「歩き方」に注目してみたいと思います。

 

運動は大変だし、あれもこれもとやっている時間はないという人でも出勤や通学、買い物など、毎日何かと歩きますよね。

 

この時に歩き方が悪いと余計な負荷をふくらはぎにかけることになり、美脚作りをしようと歩けば歩くほど逆に脚が太くなってしまう・・・なんてことも。

 

なので、ふくらはぎの痩せ方の一つ「歩き方を変える」というのが美脚を目指すにはとても大事なんです。

 

ふくらはぎの簡単な痩せ方は歩き方にある!

では早速、ほっそりとしたふくらはぎのために歩き方をマスターしましょう!

1)姿勢を良くして胸を開ける

まずは、背筋を伸ばしてお腹に少し力を入れます。

 

背中をまっすぐ伸ばした状態がよく分からない場合は、壁に背中をつけるようにして立ってみるといいでしょう。

 

頭が上から糸で引っ張られているイメージです。歩く時にその姿勢を保つようにします。

 

私達は視線が前方にあるので、普段どうしても背中が丸くなりがちです。

 

姿勢が悪く背中が丸くなっていると胸を圧迫してしまい、この姿勢のまま歩いていると体の後ろ側の筋肉をうまく使うことができません。

 

そうすると、腰の力が抜けて上半身の重みが太もも前とふくらはぎに多くの負担がかかってしまい、歩けば歩くほどムキムキとしたふくらはぎになってしまいます。

 

そうならないために、胸を開き骨盤を前傾させる姿勢をキープするように気をつけます。

2)歩き方は足を後ろに蹴り出すようにする

基本の姿勢ができたら、そこから足を上に高く上げずに前に振り出すように歩きます。

 

その時に足が体の前に出過ぎないようにします。

 

足を前に出して着地する時に体も前に移動して、体が着地した足の上にあるようなイメージです。

 

この時に反対の足は後ろに蹴り出すようにし、その力がふくらはぎから背中を抜けてみぞおちまで伝わることによって上半身が持ち上がったような感じになり、体の重さの負担が足にかかりにくくなります。

 

この歩き方だとふくらはぎに適度な刺激が与えられることになり、自然に足がほっそりとしてきます!

ふくらはぎが細くなる歩き方のまとめ

ふくらはぎの痩せ方にもいろいろありますが、この「歩き方を意識する」というのは誰でも取り入れられる一番簡単な痩せ方かもしれませんね。 

 

運動が苦手だったり忙しくて時間がなくても、みんな歩きますよね。

 

その時に、胸を張って歩く、足を後ろに蹴り出すように歩く、とちょっと意識してみて下さい。

 

最初は難しく感じたり、忘れてしまうこともあると思いますが、続けていればそのうち慣れてきて自然に歩けるようになりますよ!

 

そして、このふくらはぎが痩せる歩き方をさらに効果アップさせたい人には、美脚ソックス「ビキャクイーン」がお勧めです!

 

しっかりと加圧マッサージ効果がありながらも履き心地抜群なので自宅でも外出中でも様々なシーンで使用できるので、是非、歩き方を気をつけながらビキャクイーンで憧れの美脚を手に入れちゃいましょう!