ふくらはぎの筋肉太りの痩せ方とは?

ふくらはぎが筋肉太りでカチカチの場合、「運動する」という痩せ方は間違っています!

 

では、筋肉太りのふくらはぎの痩せ方には何があるのでしょうか?

 

筋肉太りのふくらはぎの痩せ方を紹介します!

 

硬い筋肉は代謝を下げる?

筋肉がついていても柔らかくしなやかな筋肉ならいいのですが、カチカチの筋肉になってしまうとやっかいになります。

 

硬い筋肉だと力をうまく伝えることができずに余計な負担がかかり怪我の原因にもなってしまいますが、他にも代謝が悪いという問題が起きます。

 

筋肉が硬いと血流が悪くなってしまい、血流が悪いと酸素が上手く運ばれなくなってしまいます。

 

筋肉は脂肪をたくさん燃やしてくれるのですが、それには酸素が必要なんですね。

 

酸素が足りないと脂肪を燃やすことが困難になってしまいますし、また、カチカチの筋肉では血流だけなくリンパの流れも悪くなってしまいます。

 

リンパは老廃物を排出する働きがありますが、リンパが流れないと老廃物を溜めむことになってしまいむくみが起こります。

 

カチカチの筋肉に溜まってしまった脂肪や老廃物。

 

筋肉太りのふくらはぎがなかなかスリムにならない原因はここにあります。

 

なのでストレッチやマッサージなどでしっかりと筋肉をほぐし血流をアップさせることがとても大事になります。

 

硬い筋肉のまま激しい運動なんてしてしまうと、ますますカチカチになってしまうので気をつけましょうね。

 

筋肉太り解消、ふくらはぎの痩せ方口コミ3選

マッサージを毎日半年ほど続けたら筋肉が柔らかく!

大きくパンッと張ったふくらはぎを毎日一時間マッサージし続けたらふくらはぎが細くなったという口コミです。

 

ふくらはぎを揉みほぐすように強めにのマッサージを毎日していると、3か月くらい経った頃からふくらはぎの凝り固まったような塊が小さくなり始めて半年後には37cmから33cmへとサイズダウン成功。

 

コツは毎日20分など少しずつやるよりも、一時間ほどかけてしっかりじっくりとほぐしていくこと。

 

かなり長い時間マッサージをすることになるので、テレビを見ながらでも取り組んでみて下さい。

ツボ押しで筋肉太りを解消

老廃物の溜まったカチカチの筋肉はツボ押しで解消することができたという口コミです。

 

ツボ押しマッサージ医院の先生も驚くほどパンパンに張ったふくらはぎの筋肉で、先生に「これは今まで大変だったでしょう」と言われるほど。

 

押されると激痛が走るほど痛かったけれど、通ううちにカチカチに固まっていたふくらはぎがだんだんとほぐれ、37cmもあったふくらはぎが34cmのサイズダウン成功。

 

あまりにもひどく筋肉が凝り固まってしまっている場合は専門家の手を借りる方が結果が出るのが早いかもしれませんね。

ファスティングでふくらはぎが柔らかく?!

3日間食べずに水とファスティング用のジュースで過ごして体内の毒素を排出するというファスティングダイエット。

 

これをするとふくらはぎが柔らかくなったという人もいるようです。

 

また普通の食生活に戻るとふくらはぎの筋肉が張ってきたというので、やはり筋肉太りには老廃物が関係しているようです。

 

ファスティングをしながらふくらはぎのマッサージをしてあげると、リンパの流れもよくなり老廃物の排出もスムーズにいくのではないでしょうか。

筋肉太りのふくらはぎの痩せ方のまとめ

筋肉太りの場合は細くなりたいと頑張って運動するのは逆効果。

 

硬くなった筋肉がさらにパンパンになってしまいますから、まずはほぐすこと、そして老廃物を排出させることを考えましょう。

 

お風呂や軽い運動で体を温めたらストレッチやマッサージを念入りに時間をかけて行います。

 

でも、毎日マッサージするのは大変だし、マッサージに通う時間もないという人も多いですよね。

 

そういう場合は加圧ソックス「ビキャクイーン」の着用をお勧めします!

 

しっかりと圧がかけられる加圧ソックスなら寝ている間でも食事やデスクワークで座っている間でも足がマッサージされたような状態になり老廃物が溜まりにくくなります。

 

カチカチの塊のようになってしまった筋肉がほぐれるには少し根気がいりますが、時間のある時にはしっかりとストレッチやマッサージをして筋肉をほぐし、ビキャクイーンで老廃物が溜まらない状態を保ちながら憧れのすっきり美脚を目指しましょう!