ふくらはぎの男性向け痩せ方とは

美脚に憧れる、脚が細くなりたい、というのは今までは女性の悩みだと思われていましたが、最近では男性でも細い脚に憧れるようになってきているようです。

 

男性は女性に比べ筋肉質で皮下脂肪がつきにくいので、ふくらはぎが太いのが悩みというのは筋肉が肥大していることが多いのではないかと思いますが、適度に筋肉がついた細マッチョなふくらはぎになるにはどうしたらいいのか、男性に合ったふくらはぎの痩せ方というのを見ていきたいと思います。

 

男性にオススメのふくらはぎの痩せ方

ふくらはぎの痩せ方ですが、これは原因によって違ってきます。

むくみが原因の場合

男性は筋肉量が多いので女性よりも脚がむくむということが少ないかもしれませんが、むくまないというわけではないのでマッサージなどでリンパの流れを良くし老廃物を流してあげることでむくみが解消されます。

 

血行を良くししっかりと老廃物を流すことで脂肪もつきにくくなるので、男性は脚をマッサージするということにあまり慣れていないかもしれませんが一日の終わりにでも脚をマッサージする習慣をつけるといいですね。

脂肪太り・筋肉太りの場合

体全体が太っている場合は脂肪太りが考えられます。

 

また、昔は運動をしていたけど最近はしていない、でもふくらはぎの筋肉がガチガチだという場合は筋肉の間に脂肪が溜まっていることが考えられます。

 

この場合は食生活を見直し摂取カロリーをセーブする、そして有酸素運動を行うことで脂肪を燃やすことが効果的です。

 

筋肉がガチガチの場合はマッサージでほぐすことも忘れずにしましょう。

筋肉が肥大している場合

ふくらはぎの筋肉に負担をかけすぎ筋肉が大きくなりすぎてしまった状態です。

 

足に合わない靴や、姿勢の悪さ、骨格の歪みで知らぬ間に負担をかけすぎているか、無酸素運動、いわゆる筋トレなどで鍛えすぎてしまっている場合に起こります。

 

姿勢や骨格の歪みを整えたり、ふくらはぎに負担をかける動きを減らすことで筋肉を使い過ぎないようにします。

 

運動をしていても筋肉が凝り固まって老廃物や脂肪が溜まっていることもあるのでこの場合もマッサージはオススメです。

 

筋肉の種類と運動の種類

一口に筋肉といっても、速筋繊維と遅筋線維といって2種類の筋肉繊維があります。

 

速筋繊維は瞬発的に強い力を出す時に使う筋肉で遅筋線維は速筋繊維ほど瞬発力はないけど持続性のある動きをする時に使う筋肉です。

 

速筋は疲労させると次に筋肉を使う時に耐えられるようにするため太く強くしようとする性質があります。

 

この性質を利用して筋トレで筋肉を大きくしていくのですが、筋肉を限界まで追い込まずに「後もう少しできそう」というところでストップすることで筋肉が肥大するのを防ぐことができます。

 

遅筋を鍛えるためにはジョギングや水泳などの有酸素運動が効果的です。

 

また、有酸素運動は脂肪燃焼にも効果がありますから、脂肪のない体を目指すのに適した運動です。

細マッチョを目指すには両方の運動を組み合わせた痩せ方が効果的!

細マッチョな体型を目指すのなら、体の部位によって肥大させるトレーニングと肥大させないトレーニングを組み合わせることによってカッコいい筋肉をつけることができます。

 

筋トレでターゲットになる筋肉をしっかりとトレーニング(ふくらはぎならカーフレイズなどですね!)そして、ジョギングで脚の遅筋を強化しながら脂肪を燃焼し体を絞るといったように組み合わせていきます。

 

また、ふくらはぎは下半身の中でも下の方に位置し老廃物が溜まりやすいところです。

 

運動をした後にはストレッチやマッサージでしっかりと老廃物を流すこともすっきりと締まったふくらはぎを手に入れる痩せ方の大事なポイントです。

 

疲れきった筋肉だと怪我もしやすくなるので、しっかりとメンテナンスをしていきましょう。