ふくらはぎの短期間での痩せ方

ふくらはぎはむくみやすい場所ですが、同時にたくさんのツボが集まる場所でもあります。

 

しっかりケアすることによって短期間でもふくらはぎがすっきりすることは可能です!

 

ふくらはぎの短期間での痩せ方のコツを見ていきたいと思います。

 

ふくらはぎが太い原因は?

短期間での痩せ方を見る前になぜふくらはぎが太くなってしまったのか、原因をチェックしましょう。

 

それによって痩せ方も少し変わってくるので、まずは原因がどこにあるのか確かめておきましょう。

むくみ

デスクワークや立ち仕事が多いと脚がむくみやすくなります。

 

足首の少し上を10秒ほど押してみて、指を離した時に跡がなかなか元に戻らなければむくんでいる可能性が高いです。

筋肉太り

立っている状態でふくらはぎがカチカチに固かったり、ふくらはぎが四角くい箱のような状態の時は筋肉が発達しすぎているのかもしれません。

 

歩き方や姿勢が悪くて足に負担がかかりすぎているていることが原因になっているケースも多いです。

脂肪

足に力をいれてもふくらはぎがぷにぷにと弾力がある場合、余計な脂肪がついている可能性があります。

 

またむくんでいる時にもこういった状態になることもあります。

 

短期間でふくらはぎをすっきりさせるために出来ることは?

ふくらはぎの痩せ方ですが、なぜ太いのかという理由によって痩せ方が変わってきます。

 

筋肉太りなら激しい運動はNG。余計に筋肉が凝り固まってしまうので筋肉をほぐすことが大事になります。

 

また、姿勢や歩き方が悪くふくらはぎに余計な負担がかかっていることが多いので歩き方を変えるのも効果的です。

 

反対に脂肪太りの場合は食事のコントロール、そして運動で筋肉量をアップさせることが大事になります。

 

ただ脚太り全般に対して言えるのが脚はむくみやすいということ。

 

とくにふくらはぎは下半身の中でも下の方にあり老廃物が溜まりやすくむくみやすい場所です。

 

なのでどのタイプの脚太りでも脚痩せをしようと思ったらツボ押しやマッサージは欠かせません!

 

入浴で体をしっかりと温める、ストレッチで筋肉を伸ばす、マッサージで筋肉をほぐし血行やリンパの流れを良くする、こういったことでむくみは改善されます。

 

むくみが改善されるとそれだけで細くなりますし、脂肪も付きにくくなり、筋肉の質も良くなります。

 

なので短期間でふくらはぎをすっきりさせたいのなら、まずはむくみ対策でスリム効果をアップさせましょう!

マッサージの他に出来ることは?

マッサージの他にも血行やリンパの流れを良くするのに効果的なものはあります。

 

その一つ、今回紹介するのはゴキブリ体操といわれる運動です。

 

ゴキブリが逆さまにひっくり返って足をガサゴソしている様子に似ていることから名付けられたそうです。

 

名前はともかく、簡単なのに効果的だといわれているので是非やってみて下さいね。

 

やり方は簡単です。

  • 1)仰向けに寝っ転がり両手両足を上に上げます。
  • 2)腰は浮いてこないように床にしっかりとくっつけておきます。
  • 3)そのまま30秒〜1分ほど手足をブルブルと揺らします。

コツは手首や膝の力を抜き体をリラックスさせること。

 

最初は思うようにブルブルできないかもしれませんが、目をつむってリラックスしてやってみて下さいね。

 

また、他の方法では自分でマッサージをしたりせずに道具を使うという手もあります。

 

今回お勧めするのは美脚に欠かせない加圧ソックス「ビキャクイーン」です。

 

ソックスの適度な締め付け効果によって履くだけでリンパ管が刺激されむくみが解消されるというものです。

 

マッサージを毎日するのは大変ですが、こういったアイテムを取り入れると楽に痩せることができますね。

 

短期間でより効果をアップするためにはマッサージの後に加圧ソックスを履いて寝るのがお勧めです!

 

マッサージの後は血行やリンパの流れが良くなっている状態です。

 

その状態で加圧ソックスを履くことによってリンパの流れがサポートされマッサージ効果が長続きします。

 

ビキャクイーンは倖田來未も愛用しているという今話題の加圧ソックスですが、国内で設計、製造と品質も確かなので信頼できる痩身アイテムですね。

 

今なら公式サイトで特別価格キャンペーン中なので興味のある方は公式サイトの方で詳細をご確認ください。